学生の僕がやっている中国輸入物販ビジネスの紹介

物販
スポンサーリンク

こんにちは、りゅうきです。

今回は、僕がメインで行っている中国輸入物販ビジネスについての紹介です。

この記事では、そもそも物販って何!?という人やビジネス何しようか悩んでいる人

向けに書いてます。

もちろん学生の僕目線なので同世代の方向けともいえますね!

ではいきましょう!!!

スポンサーリンク

中国輸入物販とは

まず、中国輸入物販とはなんなのか説明します。

僕のこのビジネスは言葉そのままなんですけど、中国で商品を仕入れて

日本で販売する物販ビジネスですね!!

これは、中国と日本の物価の違いが生じているため可能なわけです。

なんせ中国は「世界の工場」と言われてますからね!!

この物価の違いを利用して、

中国で安く仕入れて日本で販売する

ということができるわけです。

そして、仕入れた商品を自分のブランド商品(=オリジナル商品)

として販売します。

 

 

このような形態で売り上げを伸ばしている企業はかなり多いです。

誰でもわかるところでいえば、ユニクロがありますね。

 

まとめると

①中国で商品を仕入れる

②日本に輸入する

③日本でオリジナル商品を販売

となります。

メリット・デメリット

メリット

メリットはかなりありますよ!!

では、一つずつ解説します。

自己ブランドとして販売できる

これが一番でかいところです。

自分のブランドとして販売できるのでかなり自由が効きます。

人気商品になれば、独占販売状態にすることができるわけです。

また、独自のブランドのため、相乗り販売を防ぐこともできます。

独自のオリジナル商品を作れる

これも同じようなものですが、独自の商品を持てるので

自分の好みやアイデアなどをもとに商品化できます。

世界にたった一つのオリジナル商品は魅力的ですね!

仕入れを自由にできる

この仕入れを自由にできるとはどういうことかというと、

仕入れ先を確保できているため、自分の欲しい数量を好きなタイミングで発注することができます。

転売・せどりの場合

・わざわざ店に足を運んで仕入れ商品を探さなければいけない

・リサーチして売れる商品を調べないといけない

・商品の売り上げは単発的

なのですが、、、

そんな手間なしに売り上げを上げることができます。

稼ぐに限度はない

せどり・転売では利益の出る商品をさがすなど時間に常に縛られてしまいますが、

自己ブランドのオリジナル商品にすることで、仕入れが安定し、時間をあまりかけずに販売することが可能です。

つまり、時間をあまり使わなくていいということは、商品数を増やせば収益2倍、3倍というようにすることも可能ということです。

デメリット

資金がないと厳しい

これはどうしても資金がないと厳しいところではあります。

僕も学生のためあまり資金がないので困っていました。

対策としては、原価の低い商品から始めるなど資金によって販売戦略があるので

考えようでどうにかなります。

僕の場合は手持ち金を増やすために

バイトしたりして資金をためましたが…笑

有在庫ビジネスとなる

物販ということは在庫を持つことになります。

これがリスクといえばリスクですね、、、

仕入れた在庫が売れ残ったらどうしよう、、、って思ってしまいますよね。

 

要は考えようかもしれませんが、

例えば

1万円で商品20個仕入れたとしたら、

「1万円の価値が商品20個になっただけ」

そう思うんですよ。

つまり、「お札が姿を変えてモノになっただけ」ということです。

 

最悪、売れなかったら原価で売ってしまえばマイナスにはならないので

僕はそこまでのリスクではないと思っています。

転売・せどりはオワコン!?

今ここで、「物販ならせどりや転売でもいいんじゃないか」

そう思っている方もいるのではないかと思います。

 

結論、オワコンですよ、、、

理由としては

・売り上げを継続できない

・仕入れの安定性がない

・法律的に厳しくなっている

・資産性がない

・時間がないと厳しい

ここら辺ですかね。

 

中でも、法律的に厳しいというのは、

転売やせどりなどは国の動きから禁止になるそういう傾向にあるんです。

最近でいうとマスクの転売が禁止になったり、、、

あとは、ライブのチケットの転売など、、、

このようにどんどん規制されていくのが現状です。

 

まあ、単発的にでもお金が欲しいなどであればいいとは思いますが、

長く継続して利益を出したい資産性のあることをしたいのであれば、おすすめできませんね、、

時間と労力がもったいないので、、、

まとめ

いかがでしたでしょうか。

僕が取り組んでいる中国輸入の自己ブランド販売でしたが、

みなさんはどう感じましたか?

資産性のあるオリジナル商品を作って継続的に販売していく

これが一番の強みではないかと思います。

 

また、商品化までできたら自分で梱包や発送などそんな面倒なことなしで、

ほぼ自動で販売できる仕組みがあるため、時間があまりない方や副業でやってみたい方などにとっても嬉しいモノではないでしょうか。

パソコン1台で物販は夢のようですよね!!

 

これからもこの自己ブランド販売について勉強しながら利益を上げるために頑張っていきます笑

 

 

りゅうきのTwitterアカウント

りゅうきのInstagramアカウント

コメント

タイトルとURLをコピーしました